オンラインカジノは違法?日本の賭博法は適応外?逮捕事例から違法性を徹底解説

オンラインカジノは違法

オンラインカジノは実際のお金を賭けたギャンブルのため、「日本では賭博法に引っかかって違法なのでは?」と疑問に感じる方も多いかもしれませんが、オンラインカジノで遊ぶこと自体に違法性はありません。

ただし、オンラインカジノの遊び方によっては違法性が認められる場合があるので十分に注意しなければいけません。実際に、オンラインカジノで遊んでいたユーザーが逮捕されてしまった事例があります。

そこでこの記事では、オンラインカジノは違法なのか?それとも合法なのか?の法的解釈、また実際に逮捕された事例、今後の展開などを解説していきます。安心してオンラインカジノで遊ぶためにも、是非とも参考になれば幸いです。

目次

オンラインカジノは違法?

オンラインカジノで遊ぶ際に最も気になることの1つが違法性です。日本では公営ギャンブル以外の賭博行為は違法のため、オンラインカジノも逮捕されるのでは?と、心配な方も多いことでしょう。

安心してギャンブルを楽しむために、オンラインカジノの違法性や危険性について詳しく解説します。

オンラインカジノの運営会社

オンラインカジノは海外を拠点にした企業が運営しており、その多くが株式に上場する大手企業です。きちんと登記し、国によって認められている会社ですので、危険性は全くありません。

中には世界第4位の時価総額を所有するロンドン証券取引所に上場している運営会社もあり、社会的にも信頼性は抜群です。日本市場に参入するオンラインカジノは、所在もきちんとした透明性の高い運営会社ですのでご安心ください。

ちなみに、運営会社は海外に拠点を置いていることが大前提です。国内で運営するオンラインカジノは全て違法ですので十分に注意しましょう。

オンラインカジノのライセンス

オンラインカジノの無許可運営は許されていません。オンラインカジノはお金を賭けるギャンブルですので、合法国の政府や関連機関、州知事などから審査を受け、ゲーミング専用のライセンスを取得しなければいけない決まりになっています。

ライセンス取得には厳しい審査と莫大な費用・時間が必要で、そう簡単には発行されません。運営会社の資本や実績、過去にトラブルを起こしていないか、どんな企業と関係があるのかなどを徹底的に審査します。

無事審査通過するとライセンスが発行されますが、その後も定期的な監査を受けつつ運営を続ける必要があります。監査で少しでも不正行為が見つかった場合には即座にライセンス剥奪となり、オンラインカジノの運営ができなくなります。

また、ライセンスは発行国によって信頼性が異なり、最も審査が厳しく信頼性が高いと言われているのがキュラソー島やマルタ共和国です。これらの国のライセンスを所持するオンラインカジノでしたら安心安全に遊べます。

オンラインカジノは違法でも合法でもない

日本国内からオンラインカジノで遊ぶことに違法性はありませんが、実は合法でもありません。つまり、グレーゾーンの立ち位置にあるのがオンラインカジノです。

公営ギャンブルの場合、還元率や運営方法など細かく法律によって定められており、その範囲内であれば賭博行為を認めています。しかし、オンラインカジノを認める法律は存在しないため、合法にはならないのです。

合法や違法という言葉は法律が存在するからこそ使われ、法律が無い場合には全てグレーゾーンとなります。グレーゾーンは違法ではないため、オンラインカジノで遊んで逮捕される心配はありません。

ただし、国内でのオンラインカジノ運営は完全なる違法行為です。過去にはドリームカジノ事件という、大阪に拠点を置いていたオンラインカジノが摘発された事件が発生しています。無用なトラブルに巻き込まれてしまわないためにも、マイナーなオンラインカジノへの登録は避けた方が無難です。

オンラインカジノと日本の賭博法の関係性

日本の法律で賭博行為を取り締まるのは賭博法ですが、問題はオンラインカジノは賭博法が適用されるのかどうかです。万が一適用された場合、いくらグレーゾーンのオンラインカジノでも、摘発は避けられません。

そこでここでは、日本の賭博法とオンラインカジノの関係性について解説します。

日本の賭博法

賭博法には「単純賭博罪」「常習賭博罪」「賭博開帳図利罪」「博徒結合図利罪」などがあり、賭博行為をした人を取り締まるのが「単純賭博罪」「常習賭博罪」です。逆に賭博の胴元には「賭博開帳図利罪」「博徒結合図利罪」が適用されます。

オンラインカジノを国内で遊んだ場合、「単純賭博罪」「常習賭博罪」いずれかが適用されると思いがちですが、実際には違います。賭博法は、胴元を取り締まることを目的としているため、胴元を取り締まれない以上、オンラインカジノユーザーも取り締まることはできないのです。

オンラインカジノは日本の賭博法の適応外

日本は法治国家ではありますが、賭博法が適応されるのは国内のみです。オンラインカジノは海外を拠点にしているため、日本の賭博法は適応外となります。

つまりラスベガスやマカオなどのランドカジノへ日本人が出向いても違法にならないのと同じなのです。オンラインカジノが海外を拠点にしている以上、ユーザーに違法性はありませんのでご安心ください。

オンラインカジノでの逮捕事例

オンラインカジノに違法性はありませんが、実は過去にユーザーが逮捕された事例が発生しています。今では「スマートライブカジノ事件」と呼ばれ、オンラインカジノユーザーの中では非常に有名な事件です。

ライセンスを所持し、運営会社の拠点もイギリスに置いていたのにも関わらず、どうして日本人ユーザーが逮捕されてしまったのでしょうか?

そこでここでは、どのようにしてスマートライブカジノのユーザーが特定され、どうして逮捕されたのか、そして逮捕後にどうなったのかを解説していきます。

スマートライブカジノの利用者が逮捕される【2016年】

スマートライブカジノ事件は2016年に発生した、オンラインカジノユーザーが初めて逮捕された事件です。京都府警により3人のユーザーが特定され、逮捕に至りました。

スマートライブカジノでは日本人ディーラーを起用し、また日本人専用のテーブルが用意され、さらに日本語でのコミュニケーションが可能でした。これが京都府警により「日本国内に胴元がいるとみなす」と判断されました。

その後警察による内部調査でオンラインカジノで使われているIDが、とあるSNSで公開していたIDが一致し、3人のユーザーを特定。最終的に略式起訴を言い渡されました。

完全無罪でオンラインカジノが事実上の「合法」に

略式起訴で罰金刑が確定し、3人のうち2人がそれを受け入れましたが、1人は納得がいかず、裁判で争う姿勢を見せたのです。担当弁護士から「胴元が海外にいて摘発できない」「胴元を摘発できない以上、ユーザーも逮捕できない」という意見書が提出され、検察側はその1人を不起訴としました。

2人はすでに罰金刑を受け入れてしまっているため、残念ながら覆すことはできませんでしたが、1人は完全無罪を勝ち取りました。つまり事実上、オンラインカジノが合法だと認められたと言っても過言ではありません。

オンラインカジノが違法になってしまう場合はある!

海外に拠点を置くオンラインカジノに違法性はありませんが、場合によっては違法になってしまうケースがあります。「知らなかった」では済まされないケースのため、必ず頭に入れておきましょう。

利用したオンラインカジノがライセンスを取得していなかった場合

先述した通り、オンラインカジノの運営にはライセンス所持が必要不可欠です。日本国内で遊んで問題ないのはライセンスを所持する合法オンラインカジノのみであり、未所持の場合には違法性が認められます。

ライセンスの有無はオンラインカジノのサイト内に明記されています。実際に登録する前に、必ずライセンスを確認しましょう。

また悪質なオンラインカジノの中には、ライセンスを偽って公開しているケースもあります。多くの場合、各ライセンスの発行元サイトへのリンクが貼られていますので、本当に本物のライセンスなのかを確認しておくと確実です。

どうしても判断できない場合には、そのオンラインカジノへの登録は避けましょう。実際にお金を賭けたギャンブルである以上、最大限の注意が必要です。

インカジを利用した場合

インカジとはインターネットカジノの略称であり、オンラインカジノとは全く異なります。店舗を構え、店内に複数のパソコンを設置し、そこでお金を賭けたカジノゲームを提供しているのがインカジです。

その場でお金のやり取りが行われるため、当然賭博法に抵触し、インカジの運営側はもちろんのこと、そこで遊ぶ客も違法行為です。過去には何度もインカジの摘発が行われており、客の多くは単純賭博罪で逮捕されています。

最近では堂々と看板を揚げているインカジも多いですが、例外なく全て違法店舗ですので、絶対に足を踏み入れてはいけません。

また「アミューズメントカジノ」「エンターテインメントカジノ」などと偽り営業しているインカジも数多くあります。どのような表記であれ、店内でお金の受け渡しが行われている場合は全て違法です。

たとえインカジだと知らなかったとしても、そんな言い訳は一切通用しません。怪しい店には近寄らない方が無難です。

日本のカジノ法案

ついに日本でもカジノ解禁の動きが慌ただしくなり、近い将来にカジノを含む総合型リゾート施設誕生が現実になります。これを合法化させたのがカジノ法案であり、今後のインバウンド増加が期待されています。

では日本のカジノ法案とは何なのか?またカジノ法案がオンラインカジノに与える影響について解説していきましょう。

カジノ法案とは?

カジノ法案とは、2016年12月に成立した日本の法律で、IR推進法とも呼ばれます。IRとはカジノ以外にも映画や展示場、ショッピングモール、レストラン、スポーツ施設、ホテルなどが一緒になった総合型リゾート施設のことです。

カジノを含む総合型リゾート施設が誕生することで海外からの観光客が増え、経済が活性化され、その結果国の財政難解消にも繋がります。

オンラインカジノに与える影響

カジノ法案によってオンラインカジノが違法になるのでは?っと心配されるかもしれませんが、今のところ悪い影響は全くありませんのでご安心ください。

しかしカジノ法案をよく読んでみますと、そこには「オンラインカジノを禁止する」と書かれている部分があります。一瞬ドキッとしましたが、これは現状のオンラインカジノとは無関係です。

「総合型リゾート施設以外でのカジノ運営を禁止する」という意味で、カジノ事業者によるインターネットを使ったカジノ運営を禁止しているだけです。現段階で、カジノ法案がオンラインカジノに与える影響はほぼありません。

今後のオンラインカジノはどうなる?

カジノ法案がオンラインカジノに悪影響を与えることはありませんが、逆に良い方向へ展開が進む可能性は十分に考えられます。

総合型リゾート施設で大きな収益を得られた場合、「やっぱりカジノは財源確保に貢献してくれる」と国が判断します。その結果、オンラインカジノに注目が集まり、公営ギャンブルのように合法化する可能性も決して否定できません。

現在オンラインカジノを違法化しないのは、将来的なカジノ解禁をトリガーとし、オンラインカジノの合法化を目指しているのかもしれません。もちろん法整備が追いついていないだけかもしれませんが、オンラインカジノに目が向けられることは間違いないでしょう。

合法のオンラインカジノを見極めるポイント

オンラインカジノへ登録する際、本当に合法のオンラインカジノなのかどうかをきちんと見極めなければいけません。違法オンラインカジノで遊ぶことは賭博法に抵触するだけではなく、イカサマやその他不正行為に巻き込まれてしまう恐れがあります。

違法オンラインカジノでは堂々とイカサマを行っていますし、入金を反映させない、出金を拒否するなどの不正行為も日常茶飯事です。大切なお金を詐取されないためにも、合法か否かをしっかりと見極めましょう。

審査が厳しいライセンスを保有しているかチェック

合法のオンラインカジノを見極める最大のポイントとなるのがライセンスの信頼性です。もちろんライセンスを所持していないオンラインカジノは問答無用で全て違法サイトですので絶対に登録してはいけません。

多くのオンラインカジノでは、ヘッダー部分にライセンスのロゴやライセンス番号などを掲載していますので必ず確認しましょう。その際、審査が厳しいライセンスなのかどうかをチェックしてください。

同じオンラインカジノのライセンスでも発行国によって審査基準が異なります。最も厳しいのがキュラソー島とマルタ共和国で、運営会社によほどの信頼性が無ければライセンスは発行されません。

逆にブラジルやコスタリカ、パナマなどの中南米の国が発行するライセンスの信頼性は非常に低いです。お金さえ支払えば審査せずに発行してもらえるケースが多いため、ライセンスとしての価値はほぼありません。

第三者機関が入っているか確認する

第三者機関とは、オンラインカジノの運営会社とは全く異なる別の機関のことです。不正なく正しく運営しているか、きちんと入出金が行われているか、などを定期的に厳しく監視しています。

合法のオンラインカジノ全てで第三者機関が入っているわけではなく、運営会社が自主的に監視してもらっている形です。つまり第三者機関が入っていれば、それだけで十分な信頼性があり、安心安全に遊べるオンラインカジノということになります。

【完全合法】オンラインカジノおすすめ3選

最後に完全合法で遊べるおすすめのオンラインカジノを3つご紹介します。全て信頼性の高いキュラソー島ライセンスを所持しており、日本での知名度も抜群のオンラインカジノばかりです。

過去に大きなトラブルが行った事例もありませんし、もちろん違法性が疑われたこともない安心安全なオンラインカジノです。初回入金ボーナスもとってもお得ですので、オンラインカジノ選びに迷っているのでしたら、是非参考にしてみてください。

ベラジョンカジノ

設立2011年
ライセンスキュラソー島
ゲーム数2,000種類以上
日本語サポートメール・ライブチャット

ベラジョンカジノは2011年に誕生した日本でトップクラスの知名度を誇るオンラインカジノです。キュラソー島ライセンスで信頼性は抜群ですし、何よりもテレビやラジオなどでも積極的に宣伝活動をしています。

公共の電波を使って宣伝するためには、ベラジョンカジノの運営会社を徹底的に審査します。少しでも怪しい部分が見つかった場合には宣伝を許可されないため、どれだけベラジョンカジノが安心安全で信頼性も抜群なオンラインカジノなのかご理解いただけるはずです。

ゲーム数も豊富ですし、お得なボーナスも多数用意されています。また初心者の多くがまず初めに登録するオンラインカジノですので、登竜門的な立ち位置にいるのがベラジョンカジノです。

エンパイアカジノ

設立2015年
ライセンスキュラソー島
ゲーム数2,400種類以上
日本語サポートメール/ライブチャット/LINE

エンパイアカジノは、ベラジョンカジノほどの知名度はありませんが、2015年に開設され、キュラソー島ライセンスを所持する100%合法のオンラインカジノです。ライブゲームが充実しているため、本場ランドカジノで遊んでいるかのような体験ができます。

オンラインカジノ業界でトップクラスのクオリティとバリエーションを持つライブゲームは、きっと誰もが虜になってしまうこと間違いありません。ライブゲームで主に遊ぶユーザーには大変おすすめのオンラインカジノです。

また日本語サポートにLINEが使えるのもエンパイアカジノの特徴です。通話ではなくメッセージのみではありますが、普段からLINEを使っている方にとっては非常に利便性の高いサポート体制です。

カジ旅

設立2015年
ライセンスキュラソー島
ゲーム数2,300種類
日本語サポートメール・ライブチャット

カジ旅は2015年に誕生したRPG要素も楽しめる画期的なオンラインカジノです。上の2つ同様にキュラソー島ライセンスを所持しているため、信頼性は抜群です。

信頼性だけではなくカジ旅独自のRPG要素も見逃せなく、オンラインカジノをより一層楽しめ、さらにお得もいっぱいです。ひと味違ったオンラインカジノを探している方におすすめです。

またカジ旅では、カジノゲームのほかにスポーツベッティングでも遊べます。サッカーや野球、バスケットボールなど、世界的に人気のスポーツへ賭けることができますので、スポーツ観戦がより白熱すること間違いありません。

まとめ

今回は、オンラインカジノは違法なのか?をテーマにし、ライセンス情報や法的解釈、過去の事例などをご紹介させていただきました。オンラインカジノに違法性が無いことはご理解いただけたかと思います。

国内で遊んで違法性に問われないのは、ライセンスを所持する合法のオンラインカジノのみです。また同じライセンスでも信頼性が大きく異るため、マルタ共和国やキュラソー島といった審査が厳しい国のライセンスを所持するオンラインカジノから選ぶようにしましょう。

また合法のオンラインカジノ選びで迷った場合には、ベラジョンカジノ・エンパイアカジノ・カジ旅がおすすめです。これら3つは全てキュラソー島ライセンスを所持する100%合法で安心安全なオンラインカジノであり、信頼性は申し分ありません。

  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

編集長Luís Humberto Marcos(ルイス・ウンベルト・マルコス)は、ポルトガル国立報道博物館の元館長であり、さらにオンラインゲームもプレイしている「オンラインゲームのスペシャリスト」です。

当サイトでは、国家資格である「1級ファイナンシャル・プランニング技能士」「CFP®資格」などのお金にまつわる知識を活かして記事を執筆しており、オンラインゲームに関する知識が豊富な監修者が記事の品質を確認しています。

目次